■表面
アルミの削り出しステムとトップブリッジ
別料金にてフォーク径をφ45まで拡大可能。基本はφ41。それ以下は不可。
ヤマハのフォークではφ41がTZR250(3MA)XJR400(4HM)、FZ400(4YR)、φ43がFZR400RR、YZF-R6(正立のタイプのもの)

ホンダでは
φ41がNSR250、φ43がCBR600RR(正立のタイプのもの)
スズキではφ41がRGV250γ
(正立のタイプのもの) 、φ45がGSX-R600(正立のタイプのもの)が該当します。

■裏面肉抜き
トップブリッジとステムの裏は肉抜き加工し、軽量化しています。
■ハンドルポスト・ステムナット見本
ハンドルポストはいろいろなメーカーから様々な高さのものが出ているので、それらを選択、またはセパハンにて使用。 ゼファー(χ)/750/1100用として売られているものならば取り付け可能。
写真のハンドルポストはアントライオン製のゼファー(χ)/750/1100用の10mmアップのタイプ。
トップナットはアントライオン製のヤマハXJR1200用。
実際の商品にはハンドルポストとトップナットは付属しません。上記した条件でお好みのものを別途ご用意していただくか、当店で一緒に注文していただくことになります。

■その他
ステムはTZR250(3MA正立のもの)やXJR400と同じスパンで設計してありますので、それらのフォークならばホイール、ブレーキなどボルトオンで取り付け可能。(ブレーキホースを除く)
ベアリングはSR用として売られているもの(純正のボールベアリング、アンギュラベアリング、社外品のテーパーローラーベアリング)をお客さまの方でお好みのものをご用意していただくか、発注時にその旨を伝えていただきこちらでご用意することも可能です。
また、ステムナットは3MAと同様に2枚のナットで締め付ける方式をとっています。3MA用のステムナットをご用意していただくことになります。
ヤマハTZR250(3MA)とXJR400以外の足回りを取り付ける場合は、フォークスパンが違うなど条件が変わりますので、ホイールカラー、キャリパーサポートなどを作っていただく必要があります。

注意!!この商品はレース用として作られています。